株式会社 神光

事業紹介

株式会社 神光は、飲料缶・食缶をはじめ、様々な各種缶製品を形づくるブリキ板・ステンレス板等の内外面への美術印刷、3D立体特殊金属板印刷を行っております。

 業務内容

  • 飲料缶、食品缶詰、金属容器、金属キャップ、ポット、乾電池 等の金属印刷
  • 特殊印刷(3D・レザー調)関連商品全般
  • 関連機械の輸出入

 主要設備

  • 印刷ライン 6ライン
  • UV印刷ライン 1ライン
  • 塗装ライン 4ライン
  • 3D特殊加工機器 1式

一般金属板印刷・塗装

紙・プラスチック等とは異なり、金属印刷板には温度・湿度による伸縮がなく、調子を合わせるシーズニングの手間もかかりません。正確かつ鮮明に印刷でき、リアリティに溢れる印刷が可能です。当社では、飲料缶(ウーロン茶、コーヒー缶、ジュース缶等)、 食品缶詰(フルーツ缶詰、野菜缶詰等)をはじめ、食油缶、チョコレート・クッキー等のお菓子缶、硝子瓶・各プラスチック容器類の金属キャップ、電子ジャー、ポット、乾電池等、様々な商品の金属印刷を手掛けております。

印刷ライン
ブリキ印刷

特殊印刷

3D立体特殊印刷(登録商品名 MAGICAN SHEET)

当社の3D立体特殊印刷は、金属にも紙・シール紙にも応用が可能です。他に類を見ない当社の印刷技術は、印刷・製缶業界からだけでなく、他業界からも高い評価をいただいており、テレビ・新聞・各業界の関係紙等で紹介されました。

3D印刷(金属・総合)
3D印刷(紙・総合)
3D印刷(名刺・台紙)

[3D印刷の仕組み]

当社の3D立体特殊印刷物は、ベースとなる金属や紙に特殊な印刷をして、表面にレンズの役割を担うシートをコーティングしています。印刷されている写真・イラスト・文字等と同一平面上に、ある特定のパターン柄を印刷。パターン柄が浮いて見えたり沈んで見えたりする特殊加工をすることにより、平面である写真・文字等が視覚的に立体的に見えるという方式です。レンチキュラー印刷・チェンジングと呼ばれる技術とは異なり、非常に珍しい立体印刷のタイプですので、話題性は抜群です。しかし、この魅力は写真等では十分にお伝えできません。「実際に現物を見たい」という方にはサンプルをお送りしますので、お気軽にお問い合せください。

3D印刷仕組み

レザー調特殊印刷

当社のレザー調特殊印刷は、金属板とレザー調の樹脂シートの一体型の印刷物です。金属表面の印刷が剥がれることなく、傷もつきにくい特性を持っております。また、一般的な金属印刷に比べてレザーの質感がとてもよく表現できるために、高級感溢れる品質が可能です。

レザー調印刷